ハイローオーストラリア

通貨ペア ハイローオーストラリア

投稿日:2019年8月6日 更新日:

そもそも通貨ペアとは何か?

 

通貨ペアとは、二つの通貨を組み合わせたものになります。

 

(例)USD/JPY(ドル円)やEUR/JPY(ユーロ円)といったものになります。

 

USD/JPYはどういうことかというと、左側のUSD(米ドル)を右側の通貨JPY(日本円)で決済したときの価格になります。呼び方は左側の通貨を基軸通貨といい、右側の通貨を決済通貨と呼びます。

 

ハイローオーストラリアの通貨ペア 

 

ちなみにバイナリーオプション業者によって、取り扱っている通貨ペアの種類も変わってくるのはご存知でしたか?

 

ハイローオーストラリアは、バイナリーオプション業界の中でも多くの通貨ペアを取り扱っており、その数なんと17種類の通貨ペアで取引が可能なんです。

 

そして、ハイローオーストラリアには複数の取引方法がありますが、その取引方法によって使用される通貨ペアも異なります。

 

それでは、取引方法ごとに使用される通貨ペアの一覧を見ていきましょう。

HighLow / HighLow

・AUD/JPY(豪ドル/日本円)
・AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)
・AUD/USD(豪ドル/米ドル)
・CAD/JPY(カナダドル/日本円)
・CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
・EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)
・EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)
・EUR/JPY(ユーロ/日本円)
・EUR/USD(ユーロ/米ドル)
・GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)
・GBP/JPY(英ポンド/日本円)
・GBP/USD(英ポンド/米ドル)
・NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
・NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)
・USD/CAD(米ドル/カナダドル)
・USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
・USD/JPY(米ドル/日本円)

合計:17通貨ペア

Turbo / Turbo

・AUD/JPY(豪ドル/日本円)
・AUD/USD(豪ドル/米ドル)
・EUR/JPY(ユーロ/日本円)
・EUR/USD(ユーロ/米ドル)
・GBP/JPY(英ポンド/日本円)
・NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
・USD/JPY(米ドル/日本円)

合計:7通貨ペア

 

そして、HighLowとHighLowスプレッドでは商品指数や株価指数などもあり、2018年4月からは仮想通貨も増えました。

仮想通貨

・BITCOIN (XBT/USD)
・BITCOIN (XBT/USD)
・BCASH
・LITECOIN
・RIPPLE

確かにこれだけ種類があったら、バイナリーオプション初心者はどの通貨ペアで取引したらいいかわからなくなりますよね。

 

ですがご安心ください。おすすめの通貨ペアというのは決まってくるのです。

 

初心者におすすめの通貨ペア

 

私が個人的にバイナリーオプション初心者におすすめだと思っている通貨ペアは、以下の3つになります。

  • USD/JPY(米ドル/日本円)
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)

なぜこの3つなのかというと『JPY(東京市場)、EUR(ロンドン市場)、USD(ニューヨーク市場)』の3つは世界三大市場と言われているからです。

 

この3つは市場には市場参加者も多くなり、必然的に取引量も多くなります。

それではここで1つ問題!

取引量が多くなるとチャートには、どのような影響が出てくると思いますか?

取引量が多いと流動性が高くなります。

 

流動性とは、取引のしやすさを指すのですが、この流動性が高いとチャートが異常な動きを見せる可能性が格段に減ります。

 

つまり、テクニカル分などの方法で予想が立てやすくなるということですね。

 

ちなみに2016年は「ユーロ/米ドル」「米ドル/円」「ユーロ/円」だけで、通貨ペア全体の約40%の取引量となりました。

 

このデータから見ても、この3つの通貨ペアの安定性が確認できますよね。

時間帯毎のおすすめ通貨ペア

 

次は、時間帯毎の初心者おすすめの通貨ペアをご紹介していきましょう。

 

通貨ペアの値動きは、その通貨が貨幣として利用される国のマーケットオープンによって、大きく動きが変わってきます。

 

つまり、通貨ペア両方の国のマーケットがオープンしていたら、値動きが激しくなり予想しづらくなってくるのです。その逆も然り、両方の国のマーケットがオープンしていなかったら、値動きが少なく相場が動かず負けてしまうという可能性が高くなってしまいます。

 

よって、東京市場がオープンしていて、ロンドン市場とニューヨーク市場がオープンしていない9時~17時までは「USD/JPY」「EUR/JPY」が予想を立てやすいです。次は、ロンドン市場がオープンしていて、ニューヨーク市場がオープンしていない、17時〜22時は「EUR/USD」です。

 

通貨ペアに関する注意

市場オープン後1時間は相場が荒れることが予想されるので、取引は控えた方がいいです

 

また、ここでお話したロンドン市場とニューヨーク市場はサマータイムでの時間になります。

つまり、冬時間だと時間が変わってくるので注意しましょう。

 

今回は、世界市場のマーケットオープンの時間を以下にまとめておきました。

ぜひ取引の参考にして頂いて、ハイローオーストラリアの攻略に役立ててください。

世界市場のオープン時間

□NZD(ウェリントン市場)
夏時間(9月最終日曜日~4月第1日曜日):6:00~14:00
冬時間:5:00~13:00

□AUD(シドニー市場)
夏時間(10月第1日曜日~4月第1日曜日):8:00~16:00
冬時間:7:00~15:00

□JPY(東京市場)
全時間:9:00~17:00

□CHF(チューリッヒ市場)
夏時間(3月最終日曜日~10月最終日曜日):16:00~24:00
冬時間:17:00~1:00

□EUR(ユーロネクスト市場)
夏時間(3月最終日曜日~10月最終日曜日):16:00~24:00
冬時間:17:00~1:00

□GBP(ロンドン市場)
夏時間(3月最終日曜日~10月最終日曜日):17:00~1:00
冬時間:18:00~2:00

□USD(ニューヨーク市場)
夏時間(3月第2日曜日~11月第1日曜日):22:00~6:00
冬時間:23:00~7:00

□CAD(トロント市場)
夏時間(3月第2日曜日~11月第1日曜日):22:00~6:00
冬時間:23:00~7:00

まとめ

 

ハイローオーストラリアに限らずバイナリーオプションを攻略するには、各市場のオープン時間を知っておくということは、必ず役に立ってくること間違いなしです。

 

初心者の方が取引を行う上で通貨ペアに迷ったら、今回ご紹介した以下の3つから取引を始めるのがおすすめです。

・USD/JPY(米ドル/日本円)
・EUR/JPY(ユーロ/日本円)
・EUR/USD(ユーロ/米ドル)

 

ハイローオーストラリアは、他業者と比べて圧倒的に通貨ペアの銘柄が多いです。少しずつ他の銘柄も試してみて、自分にあった通貨ペアを見つけていきましょう!!

-ハイローオーストラリア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

口座開設マニュアル ハイローオーストラリア 

Contents1 ハイローオーストラリアの口座開設1.1 新規口座開設のボタンを押す1.2 基本情報の入力1.3 ステップ2 【詳細情報の入力】1.4 本人確認書類の提出2 ハイローオーストラリア登 …

キャッシュバックまとめ ハイローオーストラリア

Contents1 初回入金で5,000円キャッシュバック2 取引量で貰えるキャッシュバック3 条件は不明!!VIPボーナス4 養分キャッシュバック5 まとめ 初回入金で5,000円キャッシュバック …

デモ口座取引 ハイローオーストラリア

Contents1 バイナリーオプション初心者はデモ取引から始めよう!2 バイナリーオプションのデモ取引とは?2.1 デモ取引を行う理由2.2 デモ取引のメリット2.3 デモ取引のデメリット3 取引履 …

取引方法 ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアには4つの取引方法があります。 1.「HighLow」 2.「HighLowスプレッド」 3.「Turbo」 4.「Turboスプレッド」   ハイローオーストラリアの …

出金方法 ハイローオーストラリア

Contents1 ハイローオーストラリアの出金方法2 「出金できない」をなくすために出金前に要チェック2.1 Step1 まずは口座登録ページに移動2.2 Step2 次は銀行口座を登録!2.3 ハ …



TOMOYUKI

小さい頃から父のしていたFXに興味をもち、バイナリーオプションを2年前くらいからはじめました。少しでも皆さんの参考になるようなサイトにしていこうと思います。

アーカイブ