テクニカル

勝率をあげる方法

投稿日:2019年4月23日 更新日:

ロジックを覚える。

 

「ロジック」と言われると何のことか??

 

と思われてしまいますが

 

単純に根拠を沢山覚えておくことがまず第一歩です。

 

例えば

  • ボリンジャーバンドの◯σにタッチしたら逆張りの要素が強い。
  • 一目均衡表の雲の中にいたときにはレンジ相場になりやすい。
  • ストキャスティクスのゴールデンクロスとデッドクロスが出た際には逆に動きやすい傾向がある

 

そういった様々な分析方法があり、

 

その分析から統計的にこう動きやすいという根拠があるのですが

 

これらをどれだけ集められるのか。

 

その根拠が沢山あればあるほど、

 

そのときにエントリーの際の勝率は大きく上がります。

 

なので根拠を沢山集めてから取引を開始するためにも

 

様々なロジックを自分の中に蓄積しておくこと。

 

安易に一つの条件だけ満たしたらエントリーというのは出来る限り避けたほうが、勝率は上がっていきます。

 

 

その弐 その日の相場を一度分析してから取引する

 

相場環境は一日一日で大きく変わります。

 

もちろんテクニカル的に見た際に変化の値は微妙なのですが

 

指標が多い日や、指標がなくとも

何故か自分が持っているロジックが通用しない日。というのも存在します。

 

なので取引前にチャートを一度は確認して

自分が実際にその時エントリーをしていたら儲けが出ていたのか?

 

それを確認してから取引には望んでいます。

 

その日によって基準を厳しくするか?そのままでいくのか?

 

その微調整は取引をして儲けを出す上で非常に重要なファクターとなっています。

 

負け越し始めたら止める

 

もちろん、根拠をたくさん集めていたとしても負けるときは当然あります。

 

しかし、自分が絶対の自信を持っているときに負ける。

 

そしてその負けが続いてきたときには

何かしら自分の基準が少しずれているか、はたまたは運がないかのどちらかです。

 

とはいえ、そういった負けがこむと人は正常なメンタルを保ちにくくなります。

 

無理に儲けをだそうして、妥協したエントリーをしたり

 

根拠を見落としたりそういったことがありがちです。

 

なので、負けているときは、時間があるときでも

 

ちょっと取引を止めておく。

 

相場が悪かったのかもしれませんし、その時間を避けることも考えて。

 

資金管理を徹底する

 

アチラコチラで言われていることですが

資金管理はめちゃくちゃ大切です。

 

それこそこの資金管理が出来ているかどうかで、

勝率が高いけどもやたらと損失を出している人が存在します。

 

それも結構多いのです。

 

資金管理をしっかりと行うことが出来れば、勝率はそこまで高くないとしても儲けをきっちり出すことが可能ということです。

 

ムキになって連続で取引ーー!!

 

とかが一番資金管理がダメなパターンですからね。

 

コツコツと増やして、ドカンと減らす。

 

という方が本当に多いので

 

その形を避ける資金管理をするだけでも、圧倒的に投資の勝率は上がると思われます。

 

 

根拠が強いときにはしっかりと取引を行う。

 

もし自分が集めている根拠が多く、そしてその根拠が強い時が来た際にはしっかりと取引を行うこと。

 

これもまた大切な要素となります。

 

性格的にビビっている方が投資には向いているのは事実です。

 

が、取引する際にはしっかりと取引をする。

 

それもまた儲けを出すために必要ということです。

 

 

とはいえ、その際にも根拠が強いからと言って

 

多大な資金を取引するのはオススメはしないです。

 

 

自分が決めたルールの範囲内で、ちょっとだけ攻める。

 

ときに負けるときもたしかにありますが、その根拠が確かなものならば

 

長い目で見たときにその取引は必ずプラスに転じていきます。

 

 

指標、マーケットオープンなどの近辺では取引を止める

 

結構当たり前のことですがこれは徹底していることです。

 

重要指標や、ロンドン、日本、ニューヨーク市場が開く時。

 

この時間の近辺では取引をしないようにしています。

 

 

というのも、この時間は取引量が圧倒的に増えるため、

 

「チャートがテクニカル無視をする可能性が高いから」ですね。

 

ちなみに

  • 日本のマーケットオープン 9時
  • ロンドンのマーケットオープン 16時
  • ニューヨークのマーケットオープン 21時

という感じです。

 

少なくとも、この時間に近ければ近いほど、テクニカル無視をする可能性が高い。

 

と覚えておいたほうが良いでしょう。

 

 

以外にこういった完全に予測がつかない時間に

 

サインツールだけを見てサインが出たから取引したら損失が出た・・・

 

という問い合わせも多いので。

 

 

出来ればその日だけではなくその週の相場を見る

 

出来ればその日だけではなくて

 

その週の状況も見ておくと更に勝率は上がると「体感としては」実感しています。

 

というのも、やはり世界情勢を見たときに

 

週の偏りなどあって

  • Highのほうが分析がし易い相場、
  • lowの方が分析がし易い相場

それぞれが存在しています。

 

また、パット見で見た際にはロジックが通用しているかは、

 

平均的だが通貨の違いを見た際にも

 

この通貨にはロジックが今週は通用しているが、

 

この通貨には通用していない。

 

という通貨ごとの勝率も分析しておくと取引時の根拠になりえます。

 

 

このように分析結果を一つの根拠に加えておくと

 

より硬い取引を重ねることが可能となります。

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

今回は僕自身が実際に教えていることでもあり

 

そして実際に気にしながら取引をしていることをまとめさせてもらいました。

 

当たり前のことだと思うかもしれません。

 

もしそう思えたあなたは、投資に可能性を感じて貰いたいです。

 

自分ができていなかった。

 

そう思ったあなたは是非これを参考にしてもらいたいです。

 

僕はバイナリーというのは無限の可能性があると思ってます。

 

初心者が、大した元手もいらず、そして大きな金額を稼げる可能性がある。

 

それでいて、元本以上の損失を被るリスクがない

 

この条件に当てはまる投資はなかなか存在しません。

 

「投資」という言葉には

 

詐欺も多いです、人を騙す手段になり得ることもありますが

 

「お金」自体は、人生を変える大きな手段となりえます。

 

可能性を広げる、重要な道具なんです。

 

なので、少しでも多くの人にバイナリーオプションの可能性を知ってもらえればと思います。

-テクニカル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レジサポ転換

Contents1 レジサポ転換で価格の反転位置を絞り込む1.1 レジスタンスライン、サポートラインで止まる価格を推測2 闇雲にエントリーするのではなくレジサポに引き付ける3 レジスタンスライン、サポ …

移動平均線

Contents1 移動平均線は、ある一定期間の相場参加者たちが売買した値段を平均したもの2 平均値を見ることで、相場のトレンドが捉えやすくなる3 ゴールデンクロスとデッドクロス3.1 ゴールデンクロ …

マーチンゲールの法則

Contents1 マーチンゲールの法則とは?2 バイナリーオプションにおけるマーチンゲールの法則3 バイナリーオプションで効果的な資金管理とは?4 マーチンゲールは危険!バイナリーオプションは資金管 …

デイトレード

バイナリーとしてのデイトレードを攻略するコツ 基本的には何ですが 僕は投資は根拠集めゲームの側面を持っていると思っています。   例えば今の状況から相場が上がるのか?下がるのか? 上がると考 …

ボリンジャーバンド

Contents1 ボリンジャーバンドとは?2 ボリンジャーバンドの特徴3 知らない人が多い!? ボリンジャーバンドの本当の使いかた4 逆張り指標としてのボリンジャーバンド5 順張りの指標としてのボリ …



TOMOYUKI

小さい頃から父のしていたFXに興味をもち、バイナリーオプションを2年前くらいからはじめました。少しでも皆さんの参考になるようなサイトにしていこうと思います。

アーカイブ