テクニカル

マーチンゲールの法則

投稿日:2019年7月22日 更新日:

マーチンゲールの法則とは?

マーチンゲールの法則とは?

マーチンゲール法とはとてもシンプルなやり方で、キャンブル業界で攻略法や必勝法と言えば、必ずこれを思い浮かぶでしょう。

 

特に配当が2倍(勝率50%)のゲームに向けた攻略法で、連敗をどんなに重ねても1度の勝利で利益を得られる攻略法です。

 

具体的なやり方は、まず1ドル賭けてゲームスタートし、負けたら次のゲームで2ドル、また負けたら次のゲームで4ドル、またまた負けたら次のゲームで8ドル…といった具合で掛け金を倍にして進めていくのが特徴です。

 

連敗を重ねても1回の勝ちで、「1回目に賭けた金額分」を利益として獲得出来ます(1回目の賭金が$1の場合、利益も1ドル)。

 

 

バイナリーオプションにおけるマーチンゲールの法則

バイナリーオプションにおけるマーチンゲールの法則

バイナリーオプションでマーチンゲールの法則を使った取引をおこなった場合どうなるのでしょうか?

それでは、早速シミュレーションしてみましょう。

取引回数 取引金額 累計金額
1回目 1,000円 1,000円
2回目 2,000円 3,000円
3回目 4,000円 7,000円
4回目 8,000円 15,000円
5回目 16,000円 31,000円
6回目 32,000円 63,000円
7回目 64,000円 127,000円
8回目 128,000円 255,000円
9回目 256,000円 511,000円
10回目 512,000円 1,023,000円

このように1,000円で始めた場合、10連敗すると1,023,000円の資金が失われる計算になりますが、勝った場合の利益額は10回目であろうと100回目であろうと常に1,000円です。

 

上記シミュレーションは、ペイアウト率2倍の場合ですが、1.9倍など倍率が下がるような取引になると必要となる金額はさらに増え、リスクもさらに高まることになります。

 

また、業者によって1回の取引金額に上限が設けられていることもあるため、途中で終了せざるおえないケースもあるでしょう。

 

マーチンゲールの法則が上手く機能している間は、資金も右肩上がりで伸びる傾向を見せますが、連敗が継続しても勝つまでやめることができないため、資金が底をつくまで連敗すると、一気に破綻してしまうと言う結果が待っています。

 

バイナリーオプションにおいて、上がるか下がるかの確率は50%になります。

 

ですが、あくまで1回、単体での取引における確立であって、負けた次の取引で必ず勝てると言うわけではありません。

 

コイントスをして表と裏が出る確率と同様に、回数が増えれば増えるほど確率は50%に収束していきますが、表が10回連続して出る可能性も当然あり得ます。

 

従って、バイナリーオプションにおけるマーチンゲールの法則の法則は、資金管理の考え方からもリスクが大きすぎると判断できます。

 

 

バイナリーオプションで効果的な資金管理とは?

バイナリーオプションで効果的な資金管理とは?

バイナリーオプションで取引するにあたり、1回の取引に充てる金額は正常なメンタルを維持できる金額にする必要があります。

 

人によって異なりますが、資金に対して2%~5%が妥当ではないでしょうか?

 

この程度の比率であれば、そう簡単に破産することはありませんし、負けた場合の損失金額も多くないため、メンタルをコントロールできる範囲であると言えるでしょう。

 

資金管理はルールとして決める必要があり、必ず守ることが重要です

 

自分のメンタルが制御できる範囲で取引をおこなうことが重要なポイントです。

 

バイナリーオプションでは必ず負けることがあり、さらには連敗することもあります。

 

ただし、取引の回数を重ねれば重ねるだけ勝率も50%に近づくことを知っていれば、資金管理と言う対策を取ることで、負けてもそれほど焦ることはなくなるでしょう。

 

そこに優位性の高い手法が加わり、勝率を上げることによって資金を増やすことが可能となります。

 

ただし、手法よりも優先しておこなうべきは資金管理であり、まずは、破産しないためにも絶対に資金を無くさないことが重要です。

 

 

マーチンゲールは危険!バイナリーオプションは資金管理が重要!

マーチンゲールは危険!バイナリーオプションは資金管理が重要!

マーチンゲールの法則は負けないために考案された方法で無尽蔵に資金がある人にとっては非常に効果的です。

 

ですが、そのような人はいませんし、仮にいたとしても、無尽蔵に資金があるなら投資は必要ありませんよね?

 

リスクと言う点から考えるとマーチンゲールはあまりにも危険すぎるため、資金を限定して取引をおこないたい人にはおすすめはできません。

 

相場はどちらに動くか誰にも分かりませんが、過去チャートの傾向から動きを分析し、ある程度の確率で方向性を導くことは可能です。この優位性を導くことができる点がギャンブルとは大きく異なる部分で、単に上がるか下がるかではないと言うことになります。

 

バイナリーオプションについても同様で、優位性の高いチャート分析を根拠としたエントリーをおこなうことで勝率を上げることが可能となります。

 

資金管理によってリスクを限定し、また、許容しながら、一方で勝率を上げる努力をすることが、投資で資金を増やす上でもっとも効果的と言えるでしょう。

-テクニカル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

移動平均線

Contents1 移動平均線は、ある一定期間の相場参加者たちが売買した値段を平均したもの2 平均値を見ることで、相場のトレンドが捉えやすくなる3 ゴールデンクロスとデッドクロス3.1 ゴールデンクロ …

ボリンジャーバンド

Contents1 ボリンジャーバンドとは?2 ボリンジャーバンドの特徴3 知らない人が多い!? ボリンジャーバンドの本当の使いかた4 逆張り指標としてのボリンジャーバンド5 順張りの指標としてのボリ …

レジサポ転換

Contents1 レジサポ転換で価格の反転位置を絞り込む1.1 レジスタンスライン、サポートラインで止まる価格を推測2 闇雲にエントリーするのではなくレジサポに引き付ける3 レジスタンスライン、サポ …

バックテスト

Contents1 FXをしているなら行うべき!バックテストとは?1.1 バックテストを行うのに必要な期間2 FXバックテストの時に出てきやすい用語4つ2.1 用語1:勝率2.2 用語2:ペイオフレシ …

no image

トレンド相場

Contents1 1. トレンドのパターンは三つしかない 2 1.1.上昇トレンド3 1.2.下降トレンド4 1.3.横ばい(レンジ)相場5 2. トレンド相場の二つのルール6 2.1.相場は節目を …



TOMOYUKI

小さい頃から父のしていたFXに興味をもち、バイナリーオプションを2年前くらいからはじめました。少しでも皆さんの参考になるようなサイトにしていこうと思います。

アーカイブ